オンラインマニュアル

メモリ地点のバックアップと復元

メモリ地点をサーバー上にバックアップしておくことで、機種変更や故障による交換時でもメモリ地点を復元することができます。

①メモリ地点の自動バックアップについて

メモリ地点の自動バックアップを有効にすることで、NAVIeliteの次回起動時に特定条件により自動バックアップを行います。

※自動バックアップはリアルタイムの同期ではありません。

※特定条件とは、10回以上のメモリ地点操作(登録、修正)が行われたことをシステムで検出されたことを指します。

※同ユーザIDの複数端末で、自動バックアップを有効にするなど、同時にバックアップを保存するのはおやめください。(最後に保存した端末のメモリ地点がサーバに反映されます)

1【設定】→【環境設定】→【サーバーバックアップ】にタッチ。

画面イメージ

2【自動バックアップを有効にする】にタッチ。

画面イメージ

3保存するメモリ地点の名称とパスワード(ログインパスワード)を入力後、保存を押します。

画面イメージ

4【復元】または【消去】にタッチすることでサーバ上にバックアップしたデータを復元もしくは消去することができます。

画面イメージ

②メモリ地点の手動バックアップについて

現在のメモリ地点をバックアップとして保存したり、バックアップから復元させたりできます。最大3つまで管理することが可能です。

1【設定】→【環境設定】→【サーバーバックアップ】にタッチし、任意のスロットの【保存】にタッチ。

画面イメージ

2保存するメモリ地点の名称とパスワード(ログインパスワード)を入力後、保存を押します。

画面イメージ

  • 以上で、バックアップの設定は完了です。
  • 3【復元】または【消去】にタッチすることでサーバ上にバックアップしたデータを復元もしくは消去することができます。

    画面イメージ